会社勤務から自営業に転職する場合、理容師、美容師、調理師などの国家資格を取得して自分の店を開く道があります。 ☆1★

会社勤務に限界を感じて転職しようとしても他の会社の働き口が見つからない場合、国家資格を取得して自分の店を開くなどの自営業への転職の道があります。国家資格にもいろいろあって、弁護士や公認会計士などは合格率が低く、非常にハードルが高くなります。これらの比べると比較的取りやすい資格として、理容師、美容師、調理師、クリーニング師、パン製造技能士があります。これらの資格を得て、自分のお店を開店すれば、自分の営業力と腕次第で売上を伸ばし、安定した収入を得ることができます。理容師や美容師への転職を目指して理容師や美容師の免許を取得するためには、厚生労働大臣が指定する理容師養成施設または美容師養成施設へ入所し、2年以上(通信の場合は3年以上)の修行を受ける必要があります。そこを卒業したら理容師国家試験または美容師国家試験に合格することが必要です。

ちょっとしたバーでくつろぎませんか?

リンク